いすみ市プレミアム付商品券 完売しました!

日月神社

にちげつじんじゃ

新田

歴史

創建当時(建長元年巳酉1249年)は御厨台にあり、大日霎貴命奉祀(おおひるめむちのみこと)を祭ったが、当時は、往古伊勢神宮の御料地であったことに由来する名が転化して今の操田台(くりただい)となった。
慶長元年(1596)月夜見命合祀(つきよみのみこと)を合祀して現在地に移り、神山を日居森、山麓鳥居前を日居口といったのが冷口(ひえぐち)となった。慶安三年1650、本殿を造営、今の内殿がこれであり、降って文政八年(1825)社殿を再建した。
大正13年 山王社造営昭和 8年 神輿・倉新築  〃   御遷宮式昭和47年 御遷宮式昭和58年 御遷宮式これらのは文化12年乙亥(1816) 新田村名主 鶴岡弥次右衛門 神主 目良藤原忠義が中滝御役所に提出した文書の写しによる。

住所
〒298-0005
いすみ市新田790
案内図
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる